↑ クリック ↑

2020年から小学校で始まるプログラミング教育。子供たちがプログラミングからどんなことを学び取ることができるのか、1時間の体験レッスンで感じてみませんか。


Tech Kids Home Teacher 千葉・幕張ベイタウン教室は、日本最大の小学生向けプログラミングスクール Tech Kids School 認定講師が運営するプログラミング教室です。初心者向けプログラミング言語 Scratch(スクラッチ)を使い、ゲームやアニメーション開発を通じて、週1回のペースで、気軽に楽しくプログラミング学習に取り組んでいきます。

アイディアを実現するためのプログラミングの知識や、実現するために設計構築をする力、自ら実現したアイディアを他者へ主体的に表現する力・姿勢を養っていきます。

また、プログラミング言語やスキルを身につけることだけを目的とせず、テクノロジーを武器として、自らのアイディアを実現し、社会に能動的に働きかける人を育てていきます。


Tech Kids Home Teacher 千葉幕張ベイタウン教室に通う子供たちのオリジナル作品を紹介しています。

Twitterではレッスンの様子などを随時お伝えしています。

通っている子供たちの保護者様の声をお伝えします。

生徒・保護者様向けページでは、教室からのお知らせやスケジュール、ルール等を掲載しています。

Scratchを使って自宅でプログラミングスクールを開講してみたい方へ


米国マサチューセッツ工科大学にあるメディアラボチームが開発した初心者向けプログラミング言語Scratch(スクラッチ)用いて、ゲームやアニメーションの開発をしていきます。

Scratchでは、コードをタイピングするのではなく、ブロックになったコードを、論理的に順序よく組み立てて開発するため、初心者でも気軽に楽しくプログラミングの基礎を学ぶことができます。主にマウス操作が中心となりますが、アイテムがコメントを言ったりするプログラムを組む際などは、タイピングにもチャレンジしていきます。アイテムなどは英語表記が多いため、英語にも馴染んでいきます。

STEP1

週に1回1時間、Tech Kidsオリジナルテキストを用いて開発に取り組みます。スクラッチの操作方法や命令ブロックの使い方・意味など、基本的な知識を身につけながら、プログラミング学習に繰り返し取り組んでいきます。

STEP2

慣れてくれば、取り組んできたテキスト開発を基に、今度は自分のアイディアを取り入れて、オリジナル開発に繰り返し取り組んでいきます。スプライトや背景、音などを変えたり加えたりするだけでも、オリジナリティが出てきます。

STEP3

さらに、年に1度、オリジナル開発発表を行います。この開発は、自分のアイディアだけを基に全体のイメージを考え、試行錯誤しながら、自分の力で何もないところから作品を作りあげていきます。そして、自分だけしか知らないオリジナル開発を、他者に紹介する機会を作り、自分の考えや思いの伝え方や表現の仕方(プレゼン力)を養います。

最寄駅

JR 京葉線 海浜幕張駅下車 徒歩15分/バス10分

入会をご希望の場合は、実際のレッスンを体験できる、1時間の体験授業を受講して頂きます。

ご家族も一緒に参加いただき、レッスンを受けるお子さまの様子やプログラミング学習を、実際に感じていただくことができます。

「授業の様子を知りたい」「実際にプログラミングを体験してみたい」「 教室について説明を聞いてみたい」など、ご入会をご検討の方は、お気軽にご参加ください。

『ハラハラ迷路ゲーム』

緑の壁と、ランダムに動き回る敵(白のゴースト)に触れないようにペンギンをゴール地点まで運ぶゲームです。敵にぶつかるとスタート地点に戻る様にプログラミングされています。ゲーム画面内2カ所にあるボールに触れるとワープができ、ボール間を移動する事ができる仕掛けや、敵が林檎に触れるとサイズが大きくなりゲームの難易度が上がる仕掛け、ペンギンの通過した経路が一目で分かるように、紫色の線が引かれる仕掛けが組み込まれています。

『ターゲットバトル』

ランダムに動き回る敵(4種類のキャラクター)を、キーボードで操作できる的で狙いを定めて捕まえるゲームです。一回捕まえるごとに「HP」が1減る仕掛けが組み込まれており、HPがなくなると「ゲームオーバー」の出力が、無くなる前に全ての敵を捉える事ができれば「クリア!」が吹き出しの中に出力されるようにプログラミングされています。

飛田 桂子(とびたけいこ)

中学生の頃からワープロが大好きで、高校の授業でPCに触れたことをきっかけにPCが身近になり、PCを活用した事務職に就く。9年間エンターテイメント企業勤務。1児の母。

将来を生きる子供たちが、気軽にパソコンやプログラミング学習に触れることができる場所を提供したいと思い、この教室を運営しています。

プログラミング学習を通じて、子どもたちに一番伝えたいことは、自発的に学び考えることの楽しさと難しさです。実際に、子どもたちのプログラミング学習を観ていると、テキスト開発に留まらず、自分のアイディアを形にしようと、積極的に試行錯誤していて、自分の「やりたい!」に夢中になって取り組んでいることに気がつきます。私は、テキスト開発で得た知識を活用して、子どもたちが自由にアイディアを発揮し、自発的にやりたいことに取り組むことができる学習スタイル・環境を提供していきます。