プログラミング学習って誰のもの?

おはようございます、Tech Kids Home Teacher 幕張ベイタウン教室 飛田です。


2020年の小学校でのプログラミング教育必修化に向けて、プログラミング教育熱は増すばかりですね。多くの企業がプログラミング教室を開講したり、イベントを開催したり、ソフトを開発したりと、様々な動きが出ています。また、ツイッターやニュースを見ていても、大人たちの意欲たっぷりなコメント、記事をたくさん目にしています。

そんな様子を見ていて、「何か忘れているんじゃないかなぁ。。。」と思ったりもします。


大人たちが満足していて、子供たちが楽しめる中身になっているのかな?


私は、プログラミング教室を運営していて、子供たちの「シンプルさ」に注目しています。


子供は、「シンプル」なアイディアや楽しさ、遊び方や説明の仕方をしますが、逆に、大人は、色々な経験があるので、子供の発想とは違うアイディアが浮んだり、考え方、伝え方をしてしまいます。


プログラミング学習には、たくさんの方法や手段、複雑な教材などは必要ありません。

シンプルな「サンプル」さえ与えれば、子供たちは、自分から力を引き出して、どんどん進めていきます。

大人は、それを見守り、時に促したり、喜んだり、一緒に悩んでみたり、共感する立場で十分です。


小学校で取り組むプログラミング学習って、何を目標にしているのでしょうか。今一度、子供たち目線で、考えてほしいと感じています。



小学生向けプログラミング教室・Tech Kids Home Teacher 千葉幕張ベイタウン教室

Tech Kids Home Teacher 千葉・幕張ベイタウン教室は、日本最大の小学生向けプログラミングスクール「Tech Kids School」認定講師が運営するプログラミング教室です。Scratch開発を通じてプログラミングの世界に飛び込もう!

0コメント

  • 1000 / 1000